お知らせ

ジョブ型雇用

みなさんはジョブ型雇用というのをご存じでしょうか。

これは、欧米では一般的な雇用形態です。

仕事内容を明確にすることで「より専門性を高める」雇用スタイルです。
日本では「メンバーシップ型」といわれるいわゆる新卒一括採用などが一般的ですが、学歴や年齢とは違い「仕事内容に必要なスキルがあるか」によって雇用を決める採用方法がこの「ジョブ型雇用」です。

中途採用を考えると「専門職の人が辞める事になった」「〇〇の業務の人が辞める事になったので同等スキルの経験者が欲しい」場合にその業務を引き継ぎ円滑に仕事を行っていくために採用をする事が多いと思います。
仕事に合わせて人材を採用する、まさにこれが「ジョブ型雇用」と言えます。
但しこの雇用形態の場合、最初から求めるスキルのある人材を雇うわけですから新卒採用時の「新人研修」などというものはなく、教育は会社で行うというよりは自分で努力していく事が求められます。

「メンバーシップ型」は総合職として様々な業務をローテーションで経験した後、本人の適性や希望も含めて会社を長く支えていける人材を社内で育て、長く勤める事にメリットをもたせた終身雇用を目指す採用形態です。
総合職として社内業務を把握する事で将来的に「ゼネラリスト」として管理職や監督職での活躍を期待できます。
メンバーシップ型の「ゼネラリスト」育成に対してジョブ型は「スペシャリスト」採用と位置づけられます。

新型コロナの影響を受け、日本のこれまでの雇用形態にも変化が起こっています。
テレワークが広まってきた事により「ジョブ型雇用」が注目されるようになり、時間ではなく仕事内容や役割で評価を行うスタイルを基準とすることで、勤怠管理が確認しにくいとされるテレワークに適合していると判断する企業も増えてきています。

どちらにも長所、短所はありますがこれからの自分の働き方を改めて考えさせられます。

Copyright(c) 2012 SHISEIKAN Co. Ltd. All Rights Reserved.