お知らせ

【社員紹介】阿部-令和2年7月入社 26歳

高校を卒業して塩ビダクト材の製造工場に3年勤務の後、組み立てている資材が建築にどのように関わってくるのかを知りたくなりダクト施工へ転職しました。
当時は、工場やホテルや商業施設などの大規模現場が主であり自分の担当はその大きな建築物の一部分でしたが、もっと全体をみてみたいという気持ちが大きくなり、3年間のダクト施工経験を活かしシセイカンへの転職を決めました。

入社1年を超えた現在は、ダクト施工を担当しつつ先輩から指導をうけながら現場管理を担当する事も増え、施工5割・管理5割ほどになりました。
今は、管理者として独り立ちするためにも「空気調和設備」の知識を学んでいます。
この1年で、携わる業務の知識がないと「よりよい施工やアドバイス」を行う事もできない、何よりお客さんや下請業者と対等に話をする事もできないと実感したからです。
その為にも経験を積み、もっと多くの事を覚えるのが今一番の目標です。

管理として一歩その現場へ踏み入れた時から、年齢や経験などは関係なく僕が管理者であり責任者です。
自分の言葉で現場の状況が左右される事は大変なプレッシャーでもあり、だからこそやりがいのある仕事です。
どの現場へ入る時も、背筋を伸ばしスイッチを「ON」にして一歩を踏み込んでいます。

管理として数件担当した今、改めて感じる事は意思疎通と臨機応変な判断力が大切な仕事だという事です。
前述にもある通り、僕の言葉で良くも悪くも状況が変わる事が多々あります。
その為にも、関係者へ『報告・連絡・相談』を心がけ、建築の監督、各業種の責任者や下請業者と連携を保ちつつ、コミュニケーションをとりながら業務を行う必要があります。
また、咄嗟の判断力も重要です。現場ではその場で判断を迫られるようなことも起こります。
これに対応するためにも、日々の勉強(机上だけでなく現場から学び取る事も含め)が重要だと感じています。

これから現場管理を目指す方たちへ~新人管理より~

現場管理はコミュ力と臨機応変な判断力が重要です。
例えば、お施主さんから直接質問や要望をされた時に施主と自分との間に入っている人物(建築の監督など)が近くにいない場合やすぐに連絡できない場合でも、
「僕ではわからないですね。〇〇(監督)さんに聞いて下さい」という対応では不十分です。
自分の考えを伝えてもいい状況ならば
「僕は◇◇◇だと認識していますが〇〇さんに確認して改めてお応えします」というような対応も必要です。
どんな現場でも自分の立ち位置を認識し、それにあった対応をする必要があります。
きちんと内容を伺ってメモをとり
「ご要望はわかりました。僕の独断ではお応えできない内容なので〇〇さんに確認したうえで後ほどご連絡します」など即答しない方がいいこともあります。
この3つの対応は極論を言うと同じ結果になるわけですが、その対応方法により相手に与える印象も変わり、この小さな事柄のひとつひとつが人間関係を築いていく元となります。

下請業者にも一方的な業務連絡や「図面を見てやってね」だけではなく、自分も区分と内容を把握したうえでどういった手順でどの様にやればよりよく効率の良い施工が行えるかなど、事前に打ち合わせを行う事で、改善案なども出やすくなり問題点の早期確認ができます。

また、人間関係を円滑に保つことにより情報をより早くキャッチできる事で、工程の再調整・変更内容の再検討を行う事もでき、手戻りや無駄な原価を抑え無理な工程を回避する事で安全且つよりよい施工につながります。
トラブルが少なければ本来やるべき事に、より集中できます。

現場管理の「工程管理」「原価管理」「品質管理」「安全管理」の4大業務は円滑な人間関係が基盤となっています。

あと、どの職種にも共通して言えることだとは思いますが、指示待ちではなく「自分で考えて動ける」事が重要です。

ジョブ型雇用

みなさんはジョブ型雇用というのをご存じでしょうか。

これは、欧米では一般的な雇用形態です。

仕事内容を明確にすることで「より専門性を高める」雇用スタイルです。
日本では「メンバーシップ型」といわれるいわゆる新卒一括採用などが一般的ですが、学歴や年齢とは違い「仕事内容に必要なスキルがあるか」によって雇用を決める採用方法がこの「ジョブ型雇用」です。

中途採用を考えると「専門職の人が辞める事になった」「〇〇の業務の人が辞める事になったので同等スキルの経験者が欲しい」場合にその業務を引き継ぎ円滑に仕事を行っていくために採用をする事が多いと思います。
仕事に合わせて人材を採用する、まさにこれが「ジョブ型雇用」と言えます。
但しこの雇用形態の場合、最初から求めるスキルのある人材を雇うわけですから新卒採用時の「新人研修」などというものはなく、教育は会社で行うというよりは自分で努力していく事が求められます。

「メンバーシップ型」は総合職として様々な業務をローテーションで経験した後、本人の適性や希望も含めて会社を長く支えていける人材を社内で育て、長く勤める事にメリットをもたせた終身雇用を目指す採用形態です。
総合職として社内業務を把握する事で将来的に「ゼネラリスト」として管理職や監督職での活躍を期待できます。
メンバーシップ型の「ゼネラリスト」育成に対してジョブ型は「スペシャリスト」採用と位置づけられます。

新型コロナの影響を受け、日本のこれまでの雇用形態にも変化が起こっています。
テレワークが広まってきた事により「ジョブ型雇用」が注目されるようになり、時間ではなく仕事内容や役割で評価を行うスタイルを基準とすることで、勤怠管理が確認しにくいとされるテレワークに適合していると判断する企業も増えてきています。

どちらにも長所、短所はありますがこれからの自分の働き方を改めて考えさせられます。

コロナ禍の今、16期を迎えて思う事

15期も残すところあと3日間となった令和3年9月28日、菅前総理より【緊急事態宣言】及び【まん延防止等重点措置】の全てを9月30日をもって解除するとの発表があり、世界全体で感染者数は依然として多いものの、我々の行動制限は大幅に緩和されました。
パンデミックが発生し20か月近く経とうとしている今、この世界規模の危機に直面した世界で1つの変化が起こりました。
それは『経済を止め、人の命を優先する』という事。
今だけかもしれないが、歴史的にみてもこれは大きな変化であるといえます。
まさにSDGsの目標「誰ひとり取り残さない(leave no one behind)」達成への一歩だといえます。
まだまだ先の見えない状況ですが、我々はこの一歩に導かれながらこれまでとは違う未来へ向かっていくのでしょう。

~いま、16期を迎えて思う事~
弊社のロゴは見た目はキューブの集合体ですが、これは《Piece by piece》をイメージしています。
起業当初キューブは1つ(1piece)でしたが、5年後、小さなキューブが積み重なり1つのキューブを形作りました。
16年を迎えた今もこのロゴは少しずつ変化しています。
実体経済が大きなダメージを受け立ち直るまで数年の月日を要すると想定した場合、この状況から脱する為には、皆が「他人事」から「自分事」へと問題意識を高める必要があると考えます。
それは特別な事をするというのではなく、各々が自分にできる事を今までより少し視野を広げて行っていくという事です。
これを企業に置き換えれば職場環境の改善につながり、個々の生産性向上につながると考えます。
1つだったpieceの個性が積み重なって纏まり、協調し合って繋がり、さらに大きく広がっていく。
我社もこの変化と共に歩みを止めず進み、企業活動がSDGsの根底にある事を忘れずに起業時から掲げている「志・誠実・感謝」をモットーに、この1年間もpieceを積み上げてまいります。

代表取締役 名嘉山 博喜

バーチャルイベント実証実験

【戸田市】バーチャルイベントの実証実験へ参加致します。

■イベントの概要
戸田市では、コロナ禍における新たなイベントのあり方の検証を行うため、バーチャルイベントを実施いたします。現在、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、ふるさと祭りや花火大会など、大規模イベントを行うことが困難となっています。そこで、伊藤忠テクノソリューションズ(東京都港区、代表取締役社長 柘植 一郎、略称:CTC)が提供するバーチャル空間サービス「CTC Digital Base」を活用することで、参加者はアバターとなってバーチャル島を歩き回り、実際のイベントに近い形で参加することができるとともに、実際の移動が不要で密にならない、バーチャルイベントの実証を行うものです。
( バーチャルイベントの実証実験を実施 のWEBページより)

■開催日
2021年(令和3年)9月25日(土曜)、26日(日曜)

■市内企業PRコーナー(展示会場)
展示会場の市内企業PRコーナーでは、アバターを操作しながら、実際に展示会場を見て歩いているような体験ができます。
各企業のブースでは、動画で取組みを紹介しています。

バーチャルイベント実証実験のページ

甚平

ベトナム研修生のふたりが日本に来たのが今年の1月。
コロナの影響で少し入国が遅れての来日でした。
それから半年。
今もコロナの猛威は収まらず、お休みの日もアパートから出ることなく自宅で過ごすばかりのお2人です。
せっかく日本へ来たのだから、お休みの日のお出かけなどで、もっと日本を知って欲しいとは思いますが致し方ありません。
と、いう事で!
そんなお2人へ「日本の夏」を少しでも感じて頂こうと思い『甚平セット』をお送りしました。
セットといっても、甚平&なんちゃって雪駄ですが、お二人ともなかなかお似合いです。

かつ丼 つくってみた2

今回は、先日ご紹介した「かつ丼」づくりの作業工程のご紹介です。

下ごしらえ


バッター液づくり


トンカツを揚げます(ジョイさん)


最初は「食べるの専門」と言っていたティンさんも挑戦


包丁も慣れたものです(揚げたては熱いのw)


昔、自宅のキッチンにも置いてあった片手親子鍋を使って、
本格的な丼作りに挑戦です


ティンさんも慎重にご飯を盛りつけた丼へ移します


初めての日本の家庭料理への挑戦のお味は!
ティンさんもジョイさんも、とてもおいしかったそうです。

かつ丼 作ってみた

かつ丼のある食卓

少し前になりますが、ベトナム研修生のジョイさんが外食先で食べた「かつ丼」をとても気に入って『毎日でも食べたいです』と言っていたので作り方を教える事になり、ご自宅へお邪魔しました。
茶色の丼が見本で作ったもので、白い丼はティンさん作、ガラスの器はジョイさん作です。
その他は、会社の園芸コーナーでとれた野菜たちを使っての日本の家庭料理です。ナスの素揚げ、ゴーヤチャンプルー、野菜サラダととんかつ。
かつ丼は麺つゆを利用したのでとても簡単においしく出来上がりました。

次回は、かつ丼を作っているお二人の姿を紹介します。

野菜が実りました

スパイラルダクトの植木鉢に実った茄子

弊社の敷地内には植物たちがたくさん植えられています。
社長と園芸好きな業者さんで、季節ごとに花や野菜を育てています。
最近は、ダクト端材を利用したお手製の植木鉢も増えてきて、
よりシセイカンらしい園芸コーナーになってきています。
その 園芸コーナーの夏野菜たちが、次々と収穫の時期を迎えています。
ナス、キュウリ、ゴーヤ、トマトなど絶賛食べごろです。

2021年夏季休業日の御案内

貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼を申し上げます。
さて、 誠に勝手ながら、本社及び西日本営業所出雲支社ともに、
下記日程にて夏季休暇とさせていただきます 。
期間中は御不便ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますよう、
お願い申し上げます

8/8(日)~8/15(日) 夏季休業
8/16(月)より通常営業となります。


Copyright(c) 2012 SHISEIKAN Co. Ltd. All Rights Reserved.